哲学部
人間の社会、文化、芸術、科学、技術はすべて哲学からはじまった。哲学は、だからいろんなことを教えてくれる。
News Stories

生命の起源

こんにち、地上には100万種以上の動物がいるが、それはこれまでに出現した動物種のほんの一部だ。三葉虫のように完全に絶滅したものもいれば、200万年ずっと変わっていないものもいる。動物も植物も、同じ一つの「原細胞」から分かれていったのだ。地球上の生命はだからみんな同い年なのだ。その原細胞はどこからきたのか、現代科学はその答えを「最初の生命細胞は無機物から発生した」と仮定している。いわゆる「原始のスープ」だ。

地上のすべての生命、つまり動物も植物もまったく同じ物質からできている。生命のもっとも単純な定義は、新陳代謝をし、増殖する、ということだ。増殖はDNA、デオキシリボ核酸に支配されている。すべての生命細胞にある染色体あるいは遺伝物質がこのDNAでできているのだ。DNAはとても複雑な分子で、いわゆる高分子だ。問題は、最初のDNA分子がどういうふうにできたのかということだ。地球は46億年前に太陽系とともに誕生した。そして、現代科学は、生命は30~40億年前に生まれただろう、と考えている。このころ、大気中には酸素がなかった。これが重要だった。もし酸素があったら、DNAのような複雑な分子はできなかったからだ。できあがる前に酸化してしまう。オゾン層がなかったのも重要だ。宇宙から降りそそぐ放射線――宇宙線は最初のこみいった構造の分子ができるときに重要な役割を果たしたからだ。宇宙線はエネルギーとなって、地上のさまざまな化学的な物質を高分子に結合させたらしい。

まとめると、原子の海、すなわち「原始のスープ」からあるとき、とてつもなく複雑な高分子が発生した。この高分子には、自己分裂できるという性質があった。これが長い進化の始まりだ。最初の遺伝物質、最初のDNA、最初の生命細胞の誕生だ。分子は分裂を重ねた。とてつもなく長い時間をかけて、この単細胞の有機体は寄り集まり、多細胞の有機体になった。そして植物の光合成が始まり、酸素を含む大気ができていった。この大気は二つの役割を果たした。酸素を呼吸する動物の進化をうながした。そして、生命を宇宙線から守ったのだ。だから最初の両生類は、陸地に這い上がることができたのだ。こうした生命進化のプロセスはぼくら人間にも記憶されている。

生命の誕生と進化はすべて偶然だったのか。そうではない。進化はある方向に向かっているからだ。何十億年もかかってますます複雑な神経系統をもった、そしてついにはますます大きな脳をもった動物がつくられていったのだ。これを偶然と呼ぶには、あまりにできすぎているし、歴史は美しい。人間の目が純粋な偶然にできたとは考えにくい。ぼくらがこの世界を見ることにはなにか特別な意味があるようにも思える。目のように繊細なものが自然選択だけでできたとは思えない、ダーウィンもそういって驚いた。

わたしは生きている、たった一度生きている、そして二度とこの世界には戻ってこない。なんて不思議なのだろうか。ゲーテの『ファウスト』の悪魔メフィストフェレスは、ファウストが死ぬやいなやこう叫んだ。「われら被造物を無へとひきさらう永遠の創造。そんなもの、なんになる? 何もなかったと、同じじゃないか。何かがあったかのような、堂々巡りの空回り」。しかし、ファウストはいまわの際、生涯をふりかえってこういった。「瞬間(とき)よとまれ、おまえは美しい! わたしの地上の日々の痕跡は、永劫へと滅びはしない。その幸せの予感のうちに、今味わうぞ、この至高の瞬間を」。ぼくらは小さな生命体。でも、大きな関連のなかの大切な部分として、大きな何かの一端をになっているのだ。ぼくらは命の惑星であり、宇宙で燃えている太陽をめぐって航行する舟なのだ。けれどもぼくら一人ひとりも、遺伝子を乗せて生命の海を行く舟だ。この積み荷をつぎの港に運んだら、ぼくたちの生は無意味ではなかったことになる。ノルウェーのノーベル賞作家ビョルンソンはこんなことを書いている。

すべてに吹きわたる ささやかな春の息吹をたたえなさい 復活はいと小さなものにも訪れる 失われるのは ただ形のみ 世代から世代へ 堂々とのぼりつめ 無限の時の流れに 種は種を産んで 世界は沈み 世界は昇る! 春の畦道の花よ 命のよろこびに目覚めなさい 永遠に善なるものをたたえながら つかのまあることを楽しみなさい おまえもまた創造することで つましい貢ぎものを捧げなさい 小さくおずおずと でも力のかぎり息をなさい 永遠のこの日 胸いっぱいに!



40代前半。この年になると仕事でも私生活でもいろいろ思うところがあり、思索にくれるうちに頭がこんぐらがってきたから、ブログに思いのたけをつづって、ついでに問題を整理しようと思ったのが、当サイト開設のきっかけ。だから全部、日記みたいなもの。
Leave a Reply