哲学部
人間の社会、文化、芸術、科学、技術はすべて哲学からはじまった。哲学は、だからいろんなことを教えてくれる。
News Stories

チャールズ・ダーウィン【CHARLES ROBERT DARWIN】

ソクラテス以前の古代の哲学者が神話の説明をしりぞけたように、チャールズ・ダーウィン(1809-1882)も動物や人間の創造についての教会公認の教えをしりぞけた。ダーウィンは生物学者であり博物学者だった。でも、近代に入って、科学者ダーウィンほど聖書の人間観を強烈にぐらつかせた思想家はいなかった。聖書は、人間は被造物のトップにいるとしていたのだから。彼は少年時代、昆虫採集ばかりしている劣等生だったが、大学在学中に博物学者としては評判が高まった。そんな彼の転機は22歳のときにやってきた。南アメリカ大陸を測量する政府筋の仕事を手伝わないか、と声がかかったのだ。むろん彼は飛びついた。で、1831年、ビーグル号に乗って、人世を変える航海に出発したのだ。2年の予定は、結局は5年になり、アメリカどころか世界を一周していた。この世界一周旅行のなかで、彼は南アメリカを内陸までつぶさに調査。ガラパゴス諸島にちょくちょく立ち寄ったことも大きな意味があった。27歳で故郷に帰ってきたときには、ダーウィンは押しも押されぬ博物学者になっていた。彼は、ビーグル号の航海を、生涯最高の出来事だった、といっている。この時点で彼は、のちに進化論となるはっきりしたイメージを抱いていた。でも、本を発表するのはずっとあとになる。慎重すぎるようだが、科学者としてふさわしい態度といえる。

『種の起源』が出版されたのは1859年。50歳の時だ。この本はイギリスに空前絶後の激しい論争を巻き起こした。ここには二つの主立ったテーマがある。第一は、今あるすべての動植物は古い、単純な形のものから生物学的に進化した、というもの。第二は、この進化は「自然選択」の結果だ、というものだ。じつは、生物学的進化という発想は1800年ごろからあった。けれどもだれひとり、進化がどのようにして起こるのか、納得のいく説明ができなかったのだ。だから、教会の脅威にはならなかったのだ。ちなみに当時は教会も多くの科学者も、動植物の種は普遍だという聖書の教えをかたく信じていた。あらゆる動植物はいっぺんに創造された、と思いこんでいた。そしてこのキリスト教の見解は、プラトンやアリストテレスとも一致していた。イデア説では、動植物は永遠のイデアという型にしたがってつくられるのだから、最初から普遍の概念がそこには含まれている。動植物は普遍、というのは、アリストテレス哲学の基本要素でもあった。でも、ダーウィンの時代に、これら伝統的な解釈に問題をつきつけるような観察や発見が次々とあらわれた。化石、大型絶滅種の骨の発見、内陸部での海の生物の痕跡などだ。人間がそこへ捨てたとか、不信心者を惑わすために神がやったのだとか、苦しい説明をする人びともいたが、多くの地質学者は「天変地異説」を支持した。地球は大洪水や地震といった大災害に何度も襲われて、そのたびにすべての生き物が絶滅した。聖書にもノアの箱船の話がある。そういう天変地異のあと、神は新しい、より完全な動物や植物をつくって地上の生き物を更新した、というのだ。山上の化石は、箱船に乗せてもらえなかった動物の痕跡なのだ。

しかしダーウィンは納得しなかった。彼はイギリスの地質学者ライエルの説を知った、自然のごく小さなたえまない変化は長い時間のうちには劇的な変化につながるということを心にしっかりとどめた。水滴が岩に穴をうがつようにだ。そして、同じ説明が動植物の進化にもあてはまると考えた。ライエルの理論に重要なのは地球の年齢だった。ダーウィンの時代には、神はおよそ6000年前に地球をつくった、とみんなが信じこんでいた。アダムとイヴから現代までの年代を足し算するとそうなるのだ。だが、ダーウィンは地球の年齢を三億年(本当は46億年)と見積もった。とほうもなく長い時間を想定しなければ、地球は越しずつ変化するというライエルの説も進化論も成り立たないからだ。

こうして、さまざまな地層から出土する化石は進化論の証拠となっていく。同時にもうひとつ、有力な証拠もあった。探査旅行から持ち帰った、現存種の地理的な分布だ。たとえば、ガラパゴス諸島の島々にはほぼ似たような生態系があったが、島によって動植物に固有の特徴が見られたのだ。ゾウガメや鳥。とくに鳥の観察は衝撃的で、ガラパゴスのフィンチは島ごとにくちばしのとがり具合がはっきりちがう。ダーウィンは、この違いがエサの違いと密接に関係していることを実証したのだ。とがったくちばしの地上フィンチは松の実を食べていたし、小さなムシクイフィンチは昆虫を、樹上フィンチは樹上の昆虫を食べていた。どの種類のフィンチもエサをとるのにもっとも適したくちばしをもっていたのだ。このフィンチはみんな、たったひとつのフィンチから枝分かれしたのではなかろうか? 種を進化させて、長い歳月のうちにそれぞれの島の環境に適応したのではなかろうか? 当然そういう結論にいたる。ダーウィンはガラパゴス諸島で「ダーウィン主義者(ダーウィニスト)」になったのだ。ただ、進化がどのような起きるかという説明はこの時点ではまだみつかっていない。けれどももうひとつ、地上のすべての動物は親戚だということを示す証拠をみつけていた。脊椎動物の胎児の成長だ。犬やコウモリやウサギや人間の早い段階の胎児は、すごく似ていてどこがちがうのかほとんどわからない。

ラマルク(1744-1829)というフランスの博物学者がとなえた説が支持されていた。動物はよく使う性質を進化させる、というものだ。キリンの首は、何世代にもわたって首を伸ばし続けてきたからで、個々の個体が獲得した性質は次世代に引き継がれる、というのだ。けれども、ラマルクの「獲得性質」は遺伝するという説に、ダーウィンは納得できなかった。ラマルクもまた、自説を論証することはできなかった。ダーウィンはもっと明快な説明を求めた。そうやってたどりついたのが、どの個体が生き残るかという選択を自然がおこなっている、という考え方だった。進化は、環境にもっとも適応した者が生き残り、種を存続させるという、生存競争の自然選択が起こすのだ。これが『種の起源』であきらかにした第2の理論である。

この際にものをいうのは、生き物の繁殖力の高さだ。たとえばゾウの繁殖スピードはあらゆる動物のなかでもっとも遅い。彼らは30歳で繁殖を始め、90歳代で終える。この間に6頭の子を産み百歳まで生きる。もしすべての子象が生きのびたとすると、750年後にはひとつがいのゾウから1900万頭が生まれることになる。ダーウィンはさらにいう。生存競争はもっとも近い種のあいだでもっとも激しい。同じエサをめぐって争うからだ。するとごく小さな違い、ふつうよりもちょっとすぐれていることが決定的になる。生存競争が激しいほど新しい種への進化は速い。結局、個体のたった一つの課題は、性的に成熟して繁殖し、種族を保存することなのだ。人間にも進化論はあてはまる。赤道地帯の人びとの肌の色が濃いのは、黒い肌のほうが太陽の光からガードしてくれるからだ。白い肌の人びとが太陽の光を浴びすぎると、皮膚がんにかかりやすい。反対に白い肌は太陽光をよく吸収して体内でビタミンがつくられるのを助けるから、あまり陽が差さないところでは重要なのだ。ともかく自然界に偶然はひとつもない。

進化論をおさらいすると。同一の種にちょくちょく現れる個体の差異と、少数のものしか生き残れないほどの高い出生率が地球上の生命の進化の素地だ。生存競争のなかでの自然選択がこの進化のしくみの、陰の原動力だ。『種の起源』は凄まじい論争を引き起こした。教会はもとも激しく批判した。学会はまっぷたつだ。神の創造にいいがかりをつけたのだ。当然だった。なかには、そういう進化の可能性も組みこんで、神は生き物を創造したと考えたら、より神をたたえることになるのでは、という思慮深い人びともいたが少数派だった。アダムとイヴはおとぎ話の住人になったのだ。ダーウィンは1871年に『人間の由来』という本を出した。そのなかで、人間と類人猿は同じ祖先から分かれて進化したにちがいない、と論じた。そのころ、ネアンデルタール人の化石も発見された。世論はダーウィンの発見に対し、背を向けた。「そんなことは事実ではないと思いたい。でも万が一真実なら、一般に知られないことを望む」「まったく滅入るような発見だ。これについては黙っているのが一番だ」といった声が聞かれた。作家ジョン・ラスキンも「地質学者たちがわたしをほうっておいてくれればいいのに。聖書の行の終わりごとに、彼らのハンマーの音がガンガン響く」。ダーウィンは、人間を下劣な生存競争の結果にしてしまったのだ。ただ、危険人物と目されていたダーウィンも最後には科学の先駆者として尊敬された。

なお、繁殖による差異がどうやって起こるか、ダーウィンにはわからなかった。新ダーウィニズムが解明し、ダーウィンの理論を完成させた。生命と繁殖の基礎は細胞分裂で、細胞分裂は一つの細胞が自分をコピーすることなのだが、この際にときどきまちがいが起きる、という理屈だ。これを「突然変異」という。突然変異はまるでなんの意味もないかもしれないし、個体にはっきりとした変化をもたらすかもしれない。突然変異が引き起こす病気も多い。けれどもある個体に生存競争を勝ち抜く有利な性質を与えることもある。キリンの首が長いことなどだ。「順応」だ。ダーウィニズムによると、獲得された性質は遺伝しない。

なお、人間が自然法則に影響をおよぼすこともある。畑の害虫が殺虫剤でどんどん強くなったり、抗生物質がバクテリアを強くして、手に負えないくらい強くなったものを誕生させたり。また、近代医学は、昔なら病気で命を落としていたであろう子どもたちを高確率で生かす。このことも自然選択にある程度ストップをかけている。これを続けていると、長い目で見たときに、人類全体の抵抗力が弱くなってしまうのだ。深刻な病気に打ち勝つ遺伝的な条件が低下してしまうといえる。こうしたことも、人類はしっかりと目を開いて見るべきだ。どんな結論を出すかは別の問題だ。

  • 盟友ファーブルの話へのリンク。彼は自然哲学者であり、経験主義の申し子だった。


40代前半。この年になると仕事でも私生活でもいろいろ思うところがあり、思索にくれるうちに頭がこんぐらがってきたから、ブログに思いのたけをつづって、ついでに問題を整理しようと思ったのが、当サイト開設のきっかけ。だから全部、日記みたいなもの。
Leave a Reply