哲学部
人間の社会、文化、芸術、科学、技術はすべて哲学からはじまった。哲学は、だからいろんなことを教えてくれる。
News Stories

20世紀の哲学~実存主義

20世紀にも哲学はある。ありすぎて収拾がつかないくらいある。まず「実存主義」。人間が現実に存在する状況を踏まえたいろいろな哲学をまとめて実存主義と呼ぶ。20世紀の実存哲学者あるいは実存主義者のなかには、キルケゴールから出発した人たちがいるし、ヘーゲルやマルクスの影響を受けている人たちもいる。

20世紀に影響力をふるったもうひとりの哲学者が、ドイツのフリードリヒ・ニーチェ(1844-1900)だ。ニーチェもヘーゲル哲学とそこから生まれたドイツ歴史主義に反発した。ヘーゲルとヘーゲル学派の歴史観は「貧血ぎみ」だと批判し、その向こうを張って清楚なものを賛美した。ニーチェが「いっさいの価値の転換」を求めたことはよく知られている。その第一の対象は、キリスト教の道徳だった。彼は「奴隷の道徳」と呼んだ。思うぞんぶんに生きようとする強い者たちが、弱い者たち、つまり奴隷みたいな人たちにこれ以上足を引っ張られるようなことがあってはならない。そのために価値はくつがえさなければならない。キリスト教も旧来の哲学も、現世にそっぽを向いて「天上界」や「イデア界」をめざす。どちらも「真の世界」と思われているけれど、本当は幻だ。「大地に忠実であれ」とニーチェはいった。「この世ならぬ希望を語る者に耳を傾けるな」と。

キルケゴールとニーチェから影響を受けたのが、ドイツの実存主義者、マルティン・ハイデガー(1889-1976)。でも、この人は飛ばして、フランスの実存主義者、ジャン=ポール・サルトル(1905-1980)へ行こう。



40代前半。この年になると仕事でも私生活でもいろいろ思うところがあり、思索にくれるうちに頭がこんぐらがってきたから、ブログに思いのたけをつづって、ついでに問題を整理しようと思ったのが、当サイト開設のきっかけ。だから全部、日記みたいなもの。
Leave a Reply