哲学部
人間の社会、文化、芸術、科学、技術はすべて哲学からはじまった。哲学は、だからいろんなことを教えてくれる。
News Stories

ジョージ・バークリ【GEORGE BERKELEY】

ジョージ・バークリ(1685-1753)は、アイルランドの主教。イギリスの哲学者。哲学と科学は、キリスト教の世界観をおびやかしている、と考えた。とくに唯物論は、自然のすべてを神がつくり、生かしているとする信仰をおびやかすものだと思った。筋金入りの経験主義者でもあった。人間は感覚を通してしか世界を知ることはできないし、外界はぼくらが想像するとおりのものだが、「物質」ではないと考えた。ロックは自然界には第一性質をもつ「実体」があるといった。デカルトやスピノザと同じように、物質の世界は本当に存在していると考えていたが、バークリはそこを疑った。しかも経験主義の論理を使ってだ。存在するものはぼくらが知覚するものだけで、しかしぼくらは「物質」「物体」は知覚していない。机を叩くと手が痛い。でも、テーブルの物質を感じたわけではない。夢のなかで机を叩いても痛い。痛い、と感じさせているのは、もう一つの別の「意志」あるいは「精神」だと。ぼくらのすべての観念はぼくらの意識外にあって、それは物質という本性をもたない。それが精神なのだと説明したのだった。もちろん、その精神というのは、バークリにとっては「神」。彼は「神が実在することは、だれかひとりの人間が存在することよりもはっきりと感じられる、と主張してもいいくらいだ」。ぼくらが知覚する物質世界はすべて、神の力の結果。五感による知覚は神の御業。なぜなら神は「私たちの意識に親しく存在し、私たちがつねに周りから受けいれているさまざまな観念や知覚を、わたしたちの意識へ呼びこんでいる」からだ。だから、「存在するかしないか」は大きな問題ではなく、むしろぼくらは何者か、血と肉からなる人間なのか、ぼくらの世界は現実だろうか、それとも神の意識に取りこまれているだけなのだろうか、といったことが問題だと考えたのだった。バークリは物質のリアリティだけでなく、時間と空間は絶対的な存在か、精神から独立した存在をもつか、ということも疑った。



40代前半。この年になると仕事でも私生活でもいろいろ思うところがあり、思索にくれるうちに頭がこんぐらがってきたから、ブログに思いのたけをつづって、ついでに問題を整理しようと思ったのが、当サイト開設のきっかけ。だから全部、日記みたいなもの。
Leave a Reply